親知らずの抜歯

ご予約・お問い合わせ

03-6264-4151

※自動音声でのご案内となります。
 未成年の方や学生の方の診察はお断りしております。

  • オンライン診療
  • WEB予約
キービジュアル

あなたの「親知らず」
大丈夫ですか? 

  • まっすぐ生えていない
  • 歯茎が腫れて痛みがある
  • 抜いた方がいいのか、わからない 

抜歯を迷っている方へ

画像

親知らずはさまざまな問題が起こりやすい部位です。あなたは親知らずについてどのようなイメージをお持ちですか?

多くの人が「良くないもの」だと思っています。
「抜歯しなくてはいけない」と思っています。
しかし、実際にはそうではありません。

正常に生えている場合は、抜歯は必要ありません。
抜歯が必要な主なケースは、以下の3つです。

斜め(横向き)に生えている
痛みや腫れがある
他の歯に悪い影響を与える可能性がある


患者さんご自身での判断が難しい場合もあります。迷っている場合は、ご相談ください。
詳しくお話を伺い、精密検査を行った後、抜歯の必要性を判断します。

親知らずを抜歯するメリットとデメリット

抜歯にはメリットもありますが、デメリットもあります。
後々の問題を避けるためにも、安易な抜歯は避け、各状況を理解して判断することをおすすめします。

メリット
歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病の予防になる
・磨き残しがなくなり、口臭の改善が期待できる

デメリット
抜歯後、腫れることがある(腫れた場合でも数日で治まります)
・抜歯することで空いた穴に食べ物が詰まることがある(約1か月間ほど)

口腔機能水(エピオス)の活用

画像

親知らずの抜歯の際に、当院では「口腔機能水(エピオス)」を活用します。これは、口腔内の細菌が傷口などに侵入して炎症などを起こさないように洗口で徹底殺菌を行うものです。さらに抜歯後も殺菌を行い、口内を清潔に保ちます。

親知らずQ&A 

Q 右の親知らずを抜く場合、左の親知らずも抜く必要がありますか?
Aいいえ、その必要はありません。
「バランスが崩れるから」とおっしゃる方がいますが心配しなくても大丈夫です。
同様に上の親知らずを抜いたからといって、下の親知らずをすぐに抜く必要はありません。

Q 親知らずが生えてくることで、手前の歯が押されて歯並びが悪くなるというのは本当ですか?
A 以前はそう言われていましたが、現在ではそのような心配は不要です。
最近の研究や報告では、親知らずが他の歯並びに悪影響を及ぼすことはほとんどないとされています。

Q 歯の抜歯にはどれくらいの費用がかかりますか?
A 親知らずの抜歯は、保険の範囲内で行えます。
費用は抜歯の難易度によって大きく変動しますが、通常の抜歯の場合、お薬代を含めて1000円から2000円程度です。ただし、横に向いて埋まっている親知らずの場合5000円近くになります。


Q
親知らずの移植は行っていますか?

A 行っています。
ただし、移植する親知らずと移植される側の歯根の形態や状態などの条件によって可能かどうか決まります。

Q どんな親知らずでも抜歯はできますか?
A ほとんどの場合は抜歯可能ですが、特定の状況では専門機関へのご紹介が必要です。
1.心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い(通常の高血圧などは問題ありません)
2.極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
3.親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 03-6264-4151

※自動音声でのご案内となります

  • 「銀座一丁目」駅より徒歩2分
  • 「京橋」駅より徒歩2分
  • 「宝町駅」駅より徒歩5分
  • 「銀座駅」駅より徒歩5分
  • 「有楽町」駅より徒歩5分

〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目8−1 池田園ビル8F

診療時間
午前の部 休診 11:00〜
13:00
11:00〜
13:00
11:00〜
13:00
10:00〜
14:00
10:00〜
13:00
休診 休診
午後の部 休診 14:30〜
20:00
14:30〜
20:00
14:00〜
19:00
休診 14:00〜
18:00
休診 休診
  • 【休診】 金曜午後・日・月・祝